武蔵小金井の整体は「ラックスアンリミテッドカイロプラクティックセンター」へ

頭痛薬の副作用に頭痛・・・

頭痛薬の常用が難聴のリスクを高めるというニュースが出ています。

http://topics.jp.msn.com/otoko_blog/science/article.aspx?articleid=1609281

 

14年間、6万人以上の女性を対象に行われた調査でイブプロフェンを週2~3回飲む人は13%、週4~5回で21%、週6回以上で24%も難聴や聴覚障害になる危険性が高まるという結果が出たそうです。

 

イブプロフェンの効能は炎症の鎮痛・鎮静・解熱で頭痛・生理痛・関節痛・風邪などの薬で一般的に使われています。商品名が違っても市販で売られてるこれらの薬のほとんどに入っています。

 

イブプロフェンは他の鎮痛剤よりも抗炎症作用が強く、さらに効き目も早いのが特徴。一般的には副作用は少ないと言われていますが、胃の不快感、腹痛、吐き気・嘔吐、食欲不振、消化不良、発疹・かゆみ、頭痛、眠気、むくみなどの副作用があります。

 

他にも胃潰瘍や十二指腸潰瘍を増悪させたり、喘息を誘発することがあったり、頻度は少ないですが肝機能障害や急性腎不全のリスクもあるということを知っておいてください。

 

頭痛薬の副作用に頭痛があるというのもおかしな話ですね…

 

QOLの向上のためには痛みは無いに越したことはありません。しかしその痛みの原因を取り除かなければ根本的な改善にはなりません。ましてや他の障害を患っては元も子もないでしょう。

 

辛い痛みは薬で抑えつつ、カイロプラクティックをはじめ、さまざまなケアを受けて痛みの出ない健康な体を取り戻しましょう!

小金井市・武蔵小金井の整体は【人気No1】ラックスアンリミテッドカイロプラクティックセンターへ PAGETOP