武蔵小金井の整体は「ラックスアンリミテッドカイロプラクティックセンター」へ

快適な健康生活を送るための豆知識

最初に

知っていてもらいたいこととして、体調を崩してから改善するためにはたくさんのエネルギーを必要とします。不調→改善の繰り返しでは体は疲弊していきます。不調→改善→維持・促進と自分の健康状態を一定以上まで高めて保っていく方が効率的です。お金に例えると「症状がある状態=借金」、「対症療法=利子の返済」、「根本改善=元本返済」、「メンテナンスケア=積立」。健康状態も積み立てておけば大抵の状況に対応できます。健康貯金をはじめませんか?

食事法

世の中には健康のための食事法がたくさんあります。何を食べるべきか?1日の食事の回数は?酵素が大事?玄米菜食がいい?etc当センターもみなさんから食事に関して質問されることが多いですが、これさえ守っていれば問題ないというオールインワンの食事法はありません。ただ食品添加物・人工甘味料・遺伝子組み換え・乳製品の摂り過ぎは控えた方がいいとは思います。極力自然の物を取り入れ、食べ過ぎないのが一番です。ただし年齢・性別などで量や回数は変わります。自分自身にあった食事法を見つけるには、まずは2週間試してみてください。最近自分はグルテンを減らしてみたら調子が良いです!

運動

健康維持には適度な運動だが必要と良く耳にすると思いますが、「適度」ってどれくらい?というのがみなさんの疑問でしょう。年齢、性別、体力など個人差がかなり出るので、個々人でやるべき運動も異なりますが、一般論で言うと週に2回、30分以上の有酸素運動が良いとされています。このときの有酸素運動とはウォーキングで十分です。もちろんジョギングや水泳、その他のスポーツでも構いませんが、やり過ぎてケガをしたら本末転倒です。ふだんあまり運動をしていない方は階段の上り下りと歩くことを日常生活の中で意識するところから始めましょう。

睡眠

疲労回復や傷の修復などは睡眠中に行われます。睡眠時間の目安としては6~8時間くらいが良いでしょう。理由は約90分おきにレム睡眠とノンレム睡眠に切り替わるからです。ただ時間ばかり気にしても意味がありません。短時間でも深く眠れればちゃんと疲労は回復できます。量よりも質を意識しましょう。そのために気を付けたいのが寝る直前にテレビやパソコン、スマホの画面を見ないこと。ブルーライトは脳を活性化させてしまい、自律神経系のバランスを崩します。できれば寝る2時間前くらいから部屋の照明を少し暗くし、リラックスできると良いでしょう。

笑い

日々の生活の中で様々なストレスを受けると免疫力は低下してしまいます。免疫力を上げるのに効果的なのが体温を上げることと笑うこと。笑いが免疫力を上げることは有名な話で、「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しい」とアメリカの心理学者で哲学者のウィリアム・ジェームズも言っています。笑いのすごいところは免疫力を高めるだけでなく、免疫機能のバランスも整えてくれるということ!つまり笑うことでがんやウイルスに対する抵抗力が高まり、同時に免疫異常の改善にもなるというわけ。まさに「笑う門には福来る」ですね。

深呼吸

現代人はさまざまなストレスにさらされ、自律神経系のバランスが乱れ気味。自律神経とは交感神経と副交感神経からなり、緊張・興奮したときには交感神経が優位に、リラックスした時には副交感神経が優位になります。不調を抱えている人は交感神経が優位になっていることが多く、そうなると痛みに対して敏感になってしまうため、ちょっとしたことでも気になり、さらなる緊張を生むという負のスパイラルに陥ってしまいます。自律神経のバランスを整える上で一番手っ取り早いのが深呼吸。呼吸は吸うときに交感神経、吐くときに副交感神経が優位になるので、深呼吸をするときはゆっくり吐くことに意識をしてみてください。

水分摂取

人間の体の60~70%を占める水分のうち、1日で排出されるのは2.0~2.6リットルと言われています。食事からも水分は摂取しているので1.5リットルを目安に飲んでもらうのが理想。   水分摂取での注意点は糖分とアルコールの摂り過ぎ、温度、1回で飲む量、飲むタイミングです。 ジュースによる糖分過多は虫歯や肥満、糖尿病の原因になります。また糖分解にはビタミンB1をたくさん消費するので集中力の低下にも関係します。  温度に関しては、冷たいものは避け、常温の水や白湯、暖かいお茶などにしましょう。特に冷え性や便秘にお悩みの女性は白湯がおススメ! 1回で飲む量は200mlが目安。あまり一気に飲み過ぎると胃酸が薄まって消化不良の原因にもなります。  飲むタイミングは起床時・就寝前・入浴前後は習慣化しましょう。そして食中や食後に飲むのは少量にして下さい。理由は胃酸が薄まるのと、食べた物がしっかり消化される前に腸へ流されてしまうのを避けたいからです。  喉が渇いたと思った時はすでに体は脱水状態。こまめに水分補給することを心掛けてください。 まずはこまめに水分摂取することに慣れていきましょう。そうすればちゃんとデトックスができるようになりますし、健康効果やダイエット効果も期待できます。

快適な健康生活を送るための豆知識 のブログ記事一覧

熱中症対策

先週一週間で984人の方が熱中症で搬送されたそうです。   そのうちの約半分、458人が65歳以上。20人が重症。   急に夏のような太陽ギ …

免疫力についてもっと知ろう!

11/12(土)、13(日)の二日間、免疫力と発達についてのレクチャーを開催しました。 たくさんの方にご参加いただき、大盛況でした。 免疫力って何となく聞いたこ …

お菓子作りのススメ

昨日の休みに急きょ思い立ってティラスミを作りました。 学生時代に喫茶店でバイトしていたときに作り方を覚えました。分量などはクックパッドで確認しましたけどね。 材 …

自律神経を整えることができる

ほとんどの不定愁訴の原因は交感神経の過緊張! 年末年始の休みと成人の日の連休が終わり、いよいよ日常生活が戻ってきた矢先に一気に冷え込みましたね。 こういった時に …

バカには風邪をひかない理由がある

バカになれとは言いませんが・・・ 最近は季節の変わり目、急激な温度変化で風邪をひいている人が多いようです。免疫力をあげるためにも体を温めてください。 自分は最後 …

小金井市・武蔵小金井の整体は【人気No1】ラックスアンリミテッドカイロプラクティックセンターへ PAGETOP