武蔵小金井の整体は「ラックスアンリミテッドカイロプラクティックセンター」へ

顎関節症は肩こり・腰痛とならび、現代人にとても多い症状です。

一般的には口を開けるときにガクガク音がしたり、ずれたり、痛みがある場合を顎関節症だと思われていますが、痛みがなくてもしっかり開かない、真っ直ぐ開かないなどあまり自覚していない人でも顎関節症だという人は多いです。一説には肩こりの人の約80%が顎関節症も持っていると言われています。

直接的に嚙み合わせを矯正したり、顎自体の調整をする人も多いですが、頚椎のズレが大きく関与しているケースがほとんどなので、まずは頸椎をしっかりチェックし、調整することをお勧めします。もちろん背中や腰、骨盤から首に負担がかかっている場合もあり、全身のバランスをチェックすることがベストだと思います。

 

当センターでは顎関節症の方の場合、全身のチェックとアジャストメントのあと、顎関節の動き、頭蓋骨のバランス、頭や顎、首の筋肉の調整とエクササイズをします。

 

軽度の場合は1回の調整で大きく改善することもありますが、片噛みや頬杖などの癖がある人はエクササイズをしっかりやってもらう必要があります。

 

エクササイズは基本的に4種類ありますが、状態に合わせて指導させてもらいます。特にデスクワークの方は首の筋肉のエクササイズが重要なので、今回はそのエクササイズを紹介します。

座ってやる場合

①背筋を伸ばして座る。

②両手を後頭部に当てる。

③顎を引いた状態で頭を後方に押し、それに対して両手で抵抗をかける。

 

寝てやる場合

①顎を引いて仰向けに寝る。

②枕やマットレスに頭を押し付ける。

 

このエクササイズは普段ちゃんと使えていない頚部の深部屈筋群を活性化することができ、いい姿勢を保ちやすくなります。目安は1回10秒×3~5セット

 

仕事の合間や寝る前に何回かにわけてやっても大丈夫です。ぜひやってみてください。

 

また顎関節症でお悩みの方はご相談ください。お待ちしております。

 

 

小金井市・武蔵小金井の整体は【人気No1】ラックスアンリミテッドカイロプラクティックセンターへ PAGETOP